2016年に医療情報学会で発表しておりましたブロックチェーン技術を用いた情報の真正性・機密性・追尾性を可能とする手法が特許取得となりました。この特許技術に加えて、秘密分散ストレージなど既存テクノロジーを組み合わせたプラットフォームサービスの展開を、今後も行って参ります。

特許第7005102号についてはこちらから。